映像制作で求人が出ている職種について

バナー

映像制作で求人が出ている職種について

最近ではインターネットサイトに、ご自身で撮影した映像を編集してアップロードし、不特定多数の方に見てもらうということも身近になってきました。
しかし、映像制作を仕事にしようと思うと、ある程度の専門的知識が必要になります。
また一言で映像制作の仕事と言っても様々な職種があります。
「映像の企画を考える人」「シナリオを考える人」「カメラマンや音声担当といった撮影時の技術面を担当する人」「専門ソフトを使用して撮影された映像を編集する人」「スポンサー等を探して資金を調達する人」等、多くの人が関わって、作品が完成します。



そのため、映像制作会社の求人を見つけたからといって安易にエントリーすると、就職した後にイメージと違ったということにもなり兼ねません。

まずはご自身が映像制作の仕事をする上で、制作過程のどの部分に携わりたいのかをしっかりと考える必要があります。



そして、求人を見るときにその企業が、どの過程を担うことができる人材を募集しているのかを把握した上で、ご自身の希望と合っているかを確認する必要があります。また、役割が兼務になっていて、「アシスタントディレクター」「ディレクター」「プロデューサー」と表現されていたり、「カメラマンや音声担当といった撮影時の技術面を担当する人」「専門ソフトを使用して撮影された映像を編集する人」を「技術職」とまとめて募集しているケースもあります。まずは求人内容をしっかりとみて、ご自身の希望に合った仕事ができそうな職種か、企業かをしっかりと見極めることが重要な最初の一歩となります。

こだわりのAll Aboutはとても人気があり、興味深いです。